日本鳥類標識協会入会案内



 日本鳥類標識協会はバンディング(鳥類標識調査)の健全な運営と発展をはかるとともに、鳥学および鳥類の保護・管理に寄与する事を目的とし、1986年(昭和61年)2月に発足しました。主な活動は以下の通りです。

〈活動〉
(1) 会誌およびニュースレターの発行
調査・研究報告、標識技術に関する研究、海外バンディング情報、内外文献紹介等の掲載
(2) 研究会等の開催
技術の向上、会員相互の親睦を目的とする研究会、懇親会、講習会の開催
(3) マニュアル・技術書の発行
標識マニュアル、標識技術参考資料の編集、発行
(4) 協同調査
各地のバンダーの協同による標識調査の実施、発表
(5) 外国標識機関等との交流
機関紙の交換などによる、外国の標識関係資料の収集と会員への伝達

〈鳥類標識調査とは〉
 バンディングは鳥に足環などの標識をつけ、渡りの方向や中継地、または繁殖地や越冬地、寿命等を知る一つの方法です。この調査によって得られたデータは鳥類の生態を解明するてがかりとなります。

〈会員になると〉
(1) 会誌およびニュースレターの配布
(2) 会誌および本会の刊行物への投稿の権利
(3) 本会の行う行事(研究会他)への参加権
(4) 役員の選出および被選出権が受けられます。

〈会員になるには〉
 現在すでにバンディングをされている方および鳥に興味を持ち、バンディングに理解を示して下さる方であれば『普通会員』としてどなたでも会員になれます。
 さらに本会の財源に特別に寄与したいと思われる方は『賛助会員』を希望されるようお願いいたします。
 入会するには「入会申込書」に必要事項を記入して会費を送金して下さい。

〈申し込み先〉
〒270-1145 千葉県我孫子市高野山115
         (公財)山階鳥類研究所保全研究室内
         日本鳥類標識協会                              
    電話  047‐182‐1108
〈会費〉
年会費
 普通会         3,000円
 賛助会員 一口   10,000円
      (個人は一口以上、団体は5口以上)
〈振込先〉                      
 金融機関名: ゆうちょ銀行
 口座名: 日本鳥類標識協会
 振替口座番号: 00100−6−188018  
 他金融機関からの振込用口座番号: 〇一九店(019)当座0188018
 注:「〇一九」は漢数字「ゼロイチキュウ」です


 なお、協会の趣意書会則等を御希望の方は送料を同封のうえお申し込み下さい(それぞれのページをご覧下さい)。

                1996年(平成8年)1月1日 
                2013年(平成25年)4月9日 一部訂正・振込先追加


戻る