日本鳥類標識協会誌

日本鳥類標識協会誌は、鳥学に関わる原稿をどなたからも広く受け付けます。本誌はプロとアマチュアの橋渡し的位置付けの雑誌となることを目標に、埋もれてしまいがちな貴重な知見を掘り起こし、日本の鳥学発展への貢献を目指します。

日本鳥類標識協会誌 最新情報

2016.12.20 日本鳥類標識協会誌2016-02号を発行し、各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2016.12.06 J-Stageにてオンライン・ファースト(早期公開)論文を公開いたしました。冊子発行より先に、次号掲載予定原稿をご覧いただけます。なお、冊子発行後は、掲載号内へ移動されます。(要ログイン)。
2016.09.30 日本鳥類標識協会誌2016-01号を発行し、各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2016.09.30 Editors choiceに、Philip D. Roundらによる「タイの鳥類相へ新たに追加されたオオムシクイ Phylloscopus examinandus とエゾムシクイ P. borealoides の標識記録」を選定しました。
2016.07.21 書評記事をweb公開しました。既刊目次より、ご覧頂けます。
2016.06.01 日本鳥類標識協会誌2015-02号の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2016.05.31 Editors choiceに、川路・中田による「標準化された標識調査による鳥類繁殖モニタリングの有効利用」を選定しました。
2016.04.20 本誌2015-01号の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2015.12.18 本誌2014-02号の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。Editors choiceに、齋藤らによる「メボソムシクイ上種3種の外部形質を用いた識別方法」を選定しました。
2015.10.30 本誌2014-01号の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2015.08.31 本誌の過去号公開事業を完了しました。創刊号Vol.1〜2013年号Vol.25までの各論文をJ-Stageにて無償公開しております。
2015.03.15 本誌2013-01号までの各論文、および、過去号Vol.1-6をJ-Stageにて順次公開しております。
2013.10.26 本誌2012-02号の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2013.10.22 本誌の過去号の一部(2008年号、2009年号)の各論文をJ-Stageにて公開いたしました。
2013.10.16 本誌2012-02号の各論文をJ-Stageにて公開いたします(2013-10月内公開予定)。
2013.08.25 本誌2012-01号の各論文をJ-Stageにて公開いたします(2013-08-26公開)。
2012.10.21 会員の皆様宛に、J-Stageログイン用のパスワードを郵送で送付いたしました。現在、公開中の号は一部ですが、徐々に増やしていきます。
2012.09.01 日本鳥類標識協会誌が、J-Stageで公開されました。2010年度を始めとして、随時公開予定です。
2012.08.27 J-Stageでの公開が2012年9月に決定しました。ログインパスワードなどは、後日、各会員にお知らせいたします(次号発送時同封を予定)。
2012.06.28 現在、J-Stageを運営するJST様と本誌の掲載について調整中です。
2012.02.20 日本鳥類標識協会誌ウェブサイトを新しく作りました。

最新号 日本鳥類標識協会誌 第28巻目次

vol.28_cover

第2巻

ご投稿について

詳細は上部メニューの「投稿規定」をご覧ください。概略のみ以下に記します。

・会員、非会員問わず、鳥学に関する論文をご投稿頂けます。
・鳥学全般を受け付けます(標識調査によるものに限らず、鳥学研究の成果を広く受け付けています)。
・ピアレビュー制度を採用しており、2名以上の査読者による査読を実施します。
・掲載論文は、J-STAGEにおいて公開されます。
・迅速な査読と、すばやい発行(J-Stageにおける早期公開(オンラインファースト)制度有)を心がけています。
・執筆方法等、お持ちのデータから論文化への内容の検討など、論文を書きたいという方向けに、投稿前のご相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

ご投稿・お問い合わせは下記メールアドレスまで。
jbba.edit gmail.com

閲覧について

・掲載論文は、J-STAGE内の本誌ウェブページにてにおいてPDF形式で公開中です。
・近刊(発行後約2年間)の全文閲覧には、本会へのご入会が必要です。
・本会へのご入会に関しては、日本鳥類標識協会ウェブサイトをご覧ください。.
・ただし書評記事および一部の論文は、最新号からご覧いただけます。詳しくは、既刊目次をご覧ください。.

Copyright © 日本鳥類標識協会 The Japanese Bird Banding Association All rights reserved.